無理して笑うには理由がなさすぎて

書くことは特にない。
絵の具みたいに絞り出したら難色を示す何色かはありそうな気もするけどそこまでして書きたくはない。

新しく始まったもの(アニメとかドラマとか)がちょこちょこ録り溜まってるので消化してるけど全然間に合わない。
みんなはどういう時間の使い方をしてるのだろう。

雪が降って寒くてというニュースと同じような日々を過ごしてると普通のこと普通に感じて体験してみんなと同じように生きてるって思うと少し救われる。
普通のことが普通なのはいいね。

特別なことなんか何もなくていいけど人並みに上手く行って欲しい全てのこと。

時間にして2年越しのことが良い結果になりそうで嬉しい。
嬉しいと思って欲しい人が嬉しいと私も嬉しい。


以下は思いだせる範囲の本や漫画のメモ書き感想。

 

[漫画]『呪術廻戦』21巻 芥見下々

愉しんで描いてるとは思うけどそれが作品の面白さに繋がってるのかと言われれば微妙な巻。ゲーム(能力)のルール考えてそれを単独で組み立ててる時が愉しいんだろうなとは思うし個別には別に詰まらない訳じゃないのでもうちょっと緊張感があってもいいとは思う。直ぐ死ぬ割に直ぐ死ぬせいか何か盛り上がりに欠けてるように感じる。そろそろ話を畳む方向に向かいたいと言っていたのでどうなることやら。

 

[漫画]『怪獣8号』8巻 松本直也

ちょっと飽き始めてたけど今巻は良かった。才能はあるけど天才じゃない人間が報われる(実際には未だ報われてないけど)話が好きなのでこういう展開は好きです。

 

[漫画]『サンダー3』1巻 池田祐輝

気になっていたので読んでみたけど単純に好みじゃなかった。世界観ややりたい事など手法や技法が分かっちゃうと急に醒める典型みたいな印象。散々言われてるけど奥浩哉すぎるし、浅野いにおとか花沢健吾とかのリミックス感があるけどそれがオリジナリティを伴う魅力を放ってるかと言われると疑問。凄く嫌味で悪辣な言い方をするとネットの中の漫画好きとか或いはリアルでも漫画好きを公言するタイプのサブカル青田買い人間が褒めそうだなって感覚からは脱さなかったので残念。

 

[本]『いとしの〈ロッテン〉映画たち』編集:ロッテントマト編集部 著:ポール・フェイグ 翻訳:有澤真庭

ルビも振ってあるけどロッテンとは腐ったという意味。そんな腐った映画に対する酷評もあるけど基本的には愛のある批評。ただ自分の文化圏外だったりお国柄からくるのか分からないけどとにかく何を言ってるのか分からない部分が多かった。比喩表現やジョークが全く分からない。それは自分の無知から来るものだから仕方ないけどそういう部分で純粋にはこの本を楽しめていないとは思う。でも気になる作品も多かったので暇を見つけつつ作品を探しつつ自分の視野(心のも含む)が広くなったら良いな。

砕け散った瓦礫たちが星座を作るときはここにある

ほんの数分前(PCを立ち上げアプリを開くまでの間)には確かに書こうと思ってることがあったはずなのにいざ白い画面を見たら何も無いことに気付く。
何も無いというか何もかも忘れた。

怠けたわけでは無いけど怠った。
同じ漢字の同じ感じ。
でも、違う。

何を読んで何を記録してないのか何を買ったり借りたりして何を読んでいないのか分からなくなってきた。
何を聞いて何を記録してないのか何をダウンロードして何を聞いてないのか混乱する。
星の瞬きと稲妻の光を同じ速さで観測したい。
そういう期待と混乱が常にある。

視界の解像度が上がって(もしくは著しく落ちて)幽霊を視認できるようになるとする。
でも、その解像度が安定したら幽霊は日常化する。
概念として幽霊は存在しても感覚や認識として生きてる人との差異は薄らぐ。
例えば何かが抉れて連絡を取らなくなった人間も死んでしまった人間も繋がらないという意味では同じじゃ無いか。
そういう存在稀薄でインターネットも成立してる。

日記の書き方を忘れてしまった。
日記に書き方なんか存在しないけど自分が書きたいように書けてない気がする。
トレーシングペーパーで透かしてなぞっても理想の線にならないように
日常にもそういう幽霊の線みたいな感覚があって
私はそれが気持ち悪い。
違和感だらけだ。
理想の自分が無いのに理想の自分をなぞろうとする
いつまでも幽霊のような線が自分をぶかぶかによれた線として
世界に定着させようとして
私は。

首がないんだよ。

 

[漫画]『ミステリと言う勿れ』12巻 田村由美

つまらないというわけではないし面白いとも思う。けど、ある時期からずっと違和感が拭えない。最終的には繋がるんだろうけど今回は一応ラスボスめいた精神科医の話からは逸れてるのはいい、私は日常ミステリにラスボスとか一本の太い線みたいな事件や事情は必要ないと思ってるので、その面では単独のミステリになってて読みやすい。でも、初期には事件や犯人の動機や事情をミステリのフォーマットにちゃんと融け込ます形で含蓄は機能していたように思うけど最近は言いたいことが先行しててその肉付の為にミステリのフォーマットに無理やり流し込んでる感覚があって何というか説教臭いのだ。正当性のために多様性を謳うのはね、何かね鼻につくというか。ホットリーディングをコールドリーディングに見せてるような狡賢さを感じてしまう。もっとミステリとして普通に面白かったのにな。

こんな世界を満たしている ありふれた想いを さあ讃えてよ

書きたいことがない。
書きたくないことや書くべきじゃないことばかりがある。

何か記録したいものがある時のついでで書いてるから日記のみを綴るという癖がなくなってしまった。
日記なら日記の部分だけを書く場所があった方が書くのかもと思いつつ時間だけが過ぎてゆく。

気持ちや生活を人に見せる理由はない。
自分の頭や気持ちの整理のために書いてることが殆どだけどだったらノートや日記帳に書けば良いものでわざわざインターネットに記す意味について考え込む。
たぶん本来そのことにすら意味はない。

ただ書いてると頭がクリアーになる(気はする)。
気持ちは晴れないけど、そこは大事にした方がいいような気はしていて、そこに他人の目は必要だったりもする。

誰かが見てるかもと思えることで耐えられたり整えられたりする部分はあるから。
羽目を外さないという意味においても。

あとは嘘だけ書きたい。
日記でそれはやらないけど自分の精神衛生上で自衛のために嘘をつくことは必要。
死にましたって書いても嘘なら許されるし。
嘘を許さない人の潔癖さは理解できない。
嘘と不誠実は別の話。
騙すのと嘘も本質的には違う。
言葉の用途と相手との相互の話で対人じゃないなら嘘は嘘以外でも以上にもならないと思っている。
少なくとも私は。

虚構と嘘と幻想のツイッターをやろうかやるまいかずっと悩んでる。
今年はもっとちゃんとやりたいことをやって何かしら形にするを目標にしてるので最終的にちゃんと形にできるものがやりたいな。
ネットプリントでもいいし。

考えることばかりで身動きできないといつも通りになっちゃうから少しでも自分で頑張ったと思えるくらいには頑張りたい。

 

[本]『そっと 静かに』ハン・ガン

どう言えばいいのかな。素晴らしいとは思うけど自分が思う苦手なタイプのエッセイなのでどう表現していいのか分からない。他人の日記やツイッターなんかを読んでる奴が何を言ってるんだと思われそうだけど、それでも此処には人の日記を読んでしまったような後ろめたさがある。私はその後ろめたさが苦手でエッセイが基本的には好きじゃない。その人のパーソナルは商品や作品になってる以上は読まれる/読ませるために綴られているというのは根本的には理解できるんだけどその中でも余りにパーソナルだとどうにも居心地が悪くなってしまう類の繊細なものがあってこの作品は自分の中ではその部類に相当する。とてもデリケートでナイーブな思い出なのだ。ハン・ガンの人生に関わる音や音楽や歌に対する思い出や想いが少しでも触れれば壊れてしまいそうな怖さを持って閉じ込めらていて呼吸が苦しくなる瞬間が何度も訪れた。なので小説群を読むような感覚では味わえないけど、でも、だから、ハン・ガンがどうしてああいう小説群を書くのかそして綴り続けるのかが痛いほど得心できるエッセイでした。だから、私もきっと、その音に違いがないと分かっていても『そっと 静かに』のページをめくり、本を閉じた時の音を、そっと静かに覚えていようと思った。

そうネ終りは あたり前の様にくるものだし

2023年が始まりました。
始まりましと言ってももう4日だけど。
ですが改めましてあけましておめでとうございます。
めでたいかは本当のところ分からないけど
それでも敢えておめでとうと言わせてください。
私がめでたいかはこの際どうでもいいし
これを読んでる人がめでたいのならそれで良いので。

去年から迷っていたことに踏ん切りをつけたかったから踏ん切りをつけた。
言わなくていいことや言わない方がいいこともあって
言わなければきっと自然消滅するまではなだからかに期待して
期待が却って自分を傷つけて苦しめる結果になるだろうと分かったから
言いたくないことだけど言った。
しかたない。
でもきっとそれも無視されて終わるのだろうけど
幽かに期待して無視され続けることで自分の精神が病むだけなら
それは終わらせるしかない。
自分を守るって言葉は便利だから大嫌いだけど
それでも自分を守るしかない。

これで良かったのかって思うし後悔もあるけど、それでも前に進むしかない。
もし私が無くして惜しいと思われるような関係や人ならその人だってきっとそれなりに努力をしただろうし無視もしなかったと思うから私はその人に取ってきっとその程度だったのでしょう。
悲しいね。
完全に自分に非があることでも許容を超えるものもある。

ここは知られてないから読まれることはないし
もし仮に知られてたとしても読むはずがないとは思うのだけど
ブログについても迷っている。
何処か読みたい人だけ読めるような招待制や限定公開の出来る良い場所があればそうしたい。
はてなも限定公開はできるけどはてなidを持ってる人しか選別できないのでそれだと不便。
まあ、ぼちぼち考えます。
それまではちびちび続けます。

いや、別にそうまでして続ける必要もないのだけれど。
何だろうね、新しい年。

なので、今年もよろしくは此処では言いません。

 

[本]『永遠でないほうの火』井上法子

ああ、とても大事で、だから大事に大事に抱え込んだらその力のせいで大事なものを壊してしまったような感覚が胸の湖に小石を投げ込んでその波紋を血液を使った全身に運んでしまった。喪失感とは違うけど空洞がある、空洞はきっと祭壇にすれば何を飾ってもそこには神様が宿るから美しさも痛みもその祭壇の中では等価値だ。それを歌にして取り出したらこんな感じになるんじゃなかろうか。低温火傷の水膨れのような不恰好な生きてる感じの、でも、美しいし。

それぞれの影を濡らしてわたしたち雨だった、こんな雨だった

煮えたぎる鍋を見すえて だいじょうぶ これは永遠でないほうの火

こんなにつめたくってもするんだね火傷 こころの海が荒れる否、凪ぐ

水を汲むように炎を組みあげる液体でないのだ本当は海は

日々は泡 記憶はなつかしい炉にくべる薪 愛はたくさんの火

ここはわたしの国じゃないけど踏む銀杏 またおまえから数えてあげる

運命にしだいにやさしくなりひとは災いとしてすべてをゆるす

研げば研ぐほど自分のほうが傷ついて氷のようにひかる未来

ふいに雨 そう、運命はつまづいて、翡翠のようにかみさまはひとり

 

誰からも聞いてないことをここでどこまでも言ってたい

たぶん年内のブログはこれで最後です。
読んでる方はありがとうございました。
読んでない方もありがとうございました。
シニカルな意味じゃなくシアトリカルなポーズでもなく。

30分くらいかけて愚痴愚痴と愚痴を書いていたけど
年末に何かね、と思って全部消した。
疑問に思う人や行動とかはあるけど
揶揄したり腐したい訳ではない。

皆さんはのんびり年末ムードですか、
それとも未だ年末進行の真っ最中ですか?
私は作業的なことはほぼほぼ納まったので
雑事に追われてはいるものの気持ち的にはのんびりしてる。
暇だけど忙しい、忙しいけど暇みたいな感じです。

贈りたい人に贈る用の誕生日プレゼントを買った。
あとは手紙を作ったり荷造りしたりなんだけど
微妙に間に合わないんじゃないかと心配してる。
間に合うように頑張る。
喜んでもらえるかは分からないけどお祝いはしたいので。

お祝いと言えば本当にもう直ぐ新しい年ですね。
夏くらいに死のうとして失敗したのが嘘というか夢のようです。
嘘の夢か夢の嘘だったのかもしれません。

それは分かりませんがこのブログはプロ失格したけど
来年も続けるつもりではありますので
もし宜しければ今後ともご贔屓に。

では、良いお年を!

 

[本]『カモフラージュ』松井玲奈

正直に言って松井玲奈さんのことはよく知らない。一般的な知識くらいはあるとは思う元SKE 48の人でアニメとかサブカル色の少し強い人みたいな印象。全く知らないという程ではなくかと言って熱心なファンでもないという冷静と情熱の間で偏見も生まれない程度の認識だったとお考えください。それでも端正で綺麗な文章に魅了された。その上で毒だ。すごく不思議なヒーリングに満ちている。サイコでもホラーでもないのに読後感に致死量には足りないけど皮膚や舌先を焼くような痺れる毒がある。神経系のようでいて意外と小さな外傷を残すタイプの毒。心的外傷とはよく言ったもので心に低温火傷を負わせるようなひりひりした感じで、似てるとか言う訳でもないのに鳥居みゆき『夜にはずっと深い夜を』を読んだ時のような気分になった。狂気が描かれている訳でもないのにこの感触は結構エグいと思う。日常で人はなかなか狂わないけど日常的に人はちょっとずつ壊れていてそして微妙に形を失わない程度で回復してゆく。人を愛したり、愛することに見切りをつけたり。そうやって生きていったりするのでしょう、人は。とても気になる作家なので他の作品も読んでみたい。表紙も綺麗で好い。

We Wish You a Merry Christmas

メリークリスマス!
今日が当日。

頭痛が酷いので薬を飲んだ。
世間はもう完全に年末年始の気配の方が濃厚だろう。

グラタンとピザを食べた。

メリークリスマスと毎年言っていた人に今年もメリークリスマスとLINEを送ったけど鮮やかにスルー。
たぶん既読すらされていないだろう。
失うものの方が多い一年だった。

相変わらずクリスマスソングを聴いたりクリスマス映画を観たりしつつ頭痛と戦いながらのんびりまったりぐったりしてる。
ぐったりしたいX'mas!

まあ、特に書くことはないよ。
良いクリスマスをお過ごしください。

 

[音楽]『Beautiful Christmas』Red Velvet X aespa

単純にハッピーな気持ちになれて純粋に嬉しい。多幸感。

 

[音楽]『Lowlife Princess: Noir』BIBI

Lowlife Princess: Noir [Explicit]

Lowlife Princess: Noir [Explicit]

  • Feel Ghood Music/88risingMusic
Amazon

アルバムタイトルからして黒く美しい。気高く野蛮なんだけど攻撃的ではなく、しなやかな強さが夜の水面みたいに暗く輝いている。

 

[音楽]『Ditto』NewJeans

Ditto

バカみたいな感想だがとにかく凄い。全体的な印象に関してはMVを紹介した時に書いたからそれでいいかな。青春の澱と檻、そしてそれらをぶち壊すための美。

人の上澄みはもう ここからは必要ない

クリスマスイブですね。
メリークリスマス。
きっと明日も言う。
明日が本番だから。
人は常に死のリハーサル中だから
死ぬこと以外だったら
何度だって何だってやり直していい。

2022年もあと一週間しかない。
運の悪いヒポポタマスの一生分。
2023年も呑気にブログなんて書いてられるのかしらね。

少しだけ、本当にほんの少しだけ詩に興味が出てきた。
詩は嫌い。
たぶん詩というより詩人が苦手なんだと思う。
でも、やっぱ自分に詩は必要なかったと自分で思い知るまで
少しちゃんと興味を持って接してみようかなと思う。
来年。

攻撃的な言葉を攻撃的に使うのは何か頭が悪い感じがする。
それを思想でコーティングしたり過去の不幸を免罪符にデコレーションするのも。
言葉なら言葉だけでこの世の全てを燃やし尽くすくらいの覚悟がいる。

髪の毛やカバンを燃やされた、骨も折られた、友達はキリで片目を潰された、そういうことを言って、それだから他人に何かを言っても許されるよねというのは何かが違う、何かが間違ってると感じる。
間違いだと気付いた上で間違い続けるのも選択だし、でも、私は間違ってると感じてる自分の直感の方を信じてあげたい。
私は世界を許さないし人のことも嫌い続けるけどそれは私個人の中にだけ在ればいいものだから誘導尋問みたいな共感や同調や同情は必要ない。
生きる覚悟と死ぬ覚悟は違うもの。

こんな暗い話をしたかったわけじゃない。
暗い世界を灯すために世界を燃やす必要はないと今なら分かる。
それでも世界を憎み許さない怒りだけは絶やさず燃やし続けたい。

電飾で嘘くさく綺麗になった世界のこと、少しは好きでいられるから。
人が羨むくらい幸せのフリが上手くなりたい。
せめてクリスマスの間は。

今日、明日くらいは平和で穏やかであって欲しいし願いごとの一つくらいは叶えて欲しい。
全てが他力本願でしか叶わないことが転がっていてそのことを考えると死にたくなってしまうから光で眼を潰しておくれ。

体調がほんのり良くないのでクリスマスは部屋から出ない。
ぼっちでも何でもクリスマスは楽しい気分でいられるから良い。
でも、今日の体調の悪さを鑑みると
昨日の間にチキンもケーキも食べておいて正解だった。

皆様は良い一日を!

 

[本]『奇談百物語 蠢記』我妻俊樹

良過ぎて何も言うことがないし、素晴らし過ぎて何も言いたくない。とても好きな話ばかりで怖さが血液の中を流れていくのを感じた。永遠に読んでいたいと思わされる、自分にとっては完璧といっても過言ではない怪談集。世界の断層も自分の断層もズレてその互いのズレを誰かが徐に勝手に瞬間接着剤で雑にくっ付けた時に発生する発狂した世界の正常性という齟齬。異常さはないただ狂ってることが普通になっている。異常なことが異常と認識できない異常。好きな話を幾つか選ぼうとも思ったけど殆どのページにカラフルな呪符のように付箋が張り巡らされてるほどめくるめく好きな怪談で溢れてるので選ぶのは諦めた。少しでも実話怪談に興味があって私の感性に何かしらのシンパシーなりエンパシーを感じる人には是が非でも読んでもらいたい極上の一冊。

 

[漫画]『コワい話は≠くだけで』1巻 漫画:景山五月 原作:梨

失礼な話、正直言って何も期待してなかったけど良かった。本来なら醍醐味のはずの怪異の描写こそ全くピンとこなかったけど構成というか物語の俯瞰具合が良い。怖いというか気味の悪いところがしっかり気味悪いし気持ち悪いし気色悪い。虚実というよりフィクション/メタフィクション/ノンフィクションがかなり曖昧にシームレスに繋がっていてところどころ穴が空いているからフェイクドキュメンタリーを漫画でやったらこういうニュアンスが一番効果的なんじゃないかなと思える感じだった。幽霊とのディスタンス、実話とのスタンスが程よい。